health

確実に治していく

待合室

副作用の少ないものから

うつ病の治療においては原因と考えられる環境の改善を行うことで再発を防ぐとともに、患者の脳内の神経伝達物質の分泌を正常な状態に戻すための治療が行われます。神経伝達物質を正常な分泌の状態に戻すために薬が使用されます。すぐに効果が出るものではなく、徐々に効果を発揮していくことが特徴です。うつ病の治療において用いられる薬にはさまざまなものがあり、新しい薬の開発も進められています。症状により医師が適切に処方しますが、多くの場合、まず選択されるものとしてSSRIが挙げられます。これは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と言われているもので、服用することで神経伝達物質であるセロトニンの再取り込み阻害のみに効果を発揮します。セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の制御を行うことで精神を安定させる働きがあります。つまり、セロトニンの分泌が不足することでドーパミンとノルアドレナリンのバランスが崩れて精神が不安定になり、うつ病となります。SSRIを服用することによってセロトニンの分泌を回復することができれば精神の安定が期待できます。また、SNRIが処方されることもあります。これはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬といわれ、これらの薬の特徴は副作用が少ないことです。それでも服用を開始したときには、吐き気やむかつきの症状が現れることがあります。これは服用した薬が脳内の吐き気に関する器官にも作用するからと考えられています。服用を続けることにより改善していきます。うつ病の薬は服用を開始してしばらくの間の変化には注意が必要です。躁状態となることがあります。これは、服用を開始してから患者がいつも以上に元気になったりすることです。これは躁状態とうつ状態を繰り返す双極性障害の可能性もありますし、薬による副作用の可能性もあります。どちらが原因であるかを判断するためには患者とその家族からよく話を聞くことが大事です。服用を開始して経過観察を行いながら必要な治療を行います。改善が見られないときには服用する量を増やすこともあります。その場合に気をつけることは、服用する量が増えることで患者が不安を覚えることがあるのでしっかりとしたサポートをすることです。また、必ずしもSSRIなどの最新のものが効果を発揮するとは限らないことです。従来から使用されている薬の方が効果を発揮することがあります。三環系、四環系と呼ばれる昔から使用されているものは、値段が安いことから経済的な負担が小さいメリットがある一方で、さまざまな副作用が現れることがデメリットでした。副作用が多い理由は脳内のさまざまな器官を刺激することによるものですが、効果が期待できる場合、処方されます。服用する期間は半年をひとつの区切りとしている事が多いです。これは脳内環境を整えることができても、それを安定させる必要があるからです。そのため、しっかりと支持された分量を服用していく事がポイントです。また、疑問を感じる場合には何でも医師に相談することが重要なことであり、そのためにも医師との信頼関係を築く事がポイントです。